脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア

必要な検査

投稿日:

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の診断は

・レントゲン写真

MRI検査

・脊髄造影

などの画像診断をもとに判断します。

 

脊柱管狭窄症の説明

 

こうした画像検査を通して

・椎間板の変化(膨隆)

・肥厚した靭帯

・変性した椎体

を確認し脊柱管の狭窄具合、中を通る神経への圧迫などを診ます。

 

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの診断は

・レントゲン写真

・MRI検査

の画像診断をもとに判断します。

 

椎間板ヘルニアとは

 

レントゲン検査では、腰椎の骨折や腫瘍など他の疾患を除外するうえで必要な検査となります。

MRI検査では、椎間板の状態、それに圧迫されている神経の状態を詳細に観察することができます。

 

レントゲン写真では

椎間板・脊柱管は軟骨組織である為、レントゲンには写りません。

よって、

レントゲンでは椎間板・脊柱管の状態を観察することはできません。

※椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の診断にはMRI検査が必須です。

 

 

脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアが疑われる場合は、

まず病院で、詳しく検査をさせることをお勧めします。

 

患者様にとっても、今の自分の身体の状態を把握しておくことは非常に大切です。

今後の生活習慣、また治療を行う際にも治療方針が立てやすくなります。

強い腰痛や足のシビレには、重篤な病気が隠れている場合もあります。

腰の痛み、足のしびれ これって何?とお悩みの方は、お気軽に「えのもと希幸整体」までご相談ください。

 

大阪・城東区・深江橋駅にある、脊柱管狭窄症・腰部ヘルニア・坐骨神経痛(足のしびれ)専門整体なら えのもと希幸整体へ

-脊柱管狭窄症, 腰椎椎間板ヘルニア

Copyright© 【城東区の整体】えのもと希幸整体|脊柱管狭窄症 ・ 椎間板ヘルニア 専門院 , 2019 All Rights Reserved.