腰痛・坐骨神経痛で苦しみ自律神経を崩しておられる方へ

自律神経失調症の治療があります

腰痛や坐骨神経痛が一向に治らず、長期に渡り病院や治療院を転々としている方は少なくありません。
そんな方の多くは『痛みのストレス』と、『もう一生治らないのでは。。という恐怖』から、自律神経バランスが乱れ、更に症状が悪化します。

その場合、ヘルニアや坐骨神経痛の治療をしても、悪化の原因となった「自律神経の治療」を行わなければ症状の改善は見込めません。このケースに当てはまる方には1度「自律神経の治療」を強くお勧め致します。

 

    あなたは生活の中で こんな事はありませんか?

  • 病院で薬を処方されているがなかなか良くならず不安だ
  • 整体や鍼を受けているがなかなか改善していかない
  • 病院の検査で異常なしと言われたが症状は残っている…
  • 仕事に早く復帰したいけど、再発しないか不安
  • 急に不安な気持ちになったり動悸がして辛い…
  • 毎晩眠れなくて日中に眠くなってしまう
  • 夜に中々寝付けず、日中はフラッとすることがある
  • 一時的に回復してもストレスがかかるとまた再発してしまう

当院独自の施術で根本から解決します!

大阪市・城東区にある、えのもと希幸整体 院長がこれまで施術してきた自律神経失調症に関しての考えかたを記述していきます。
実際に治療に当たってきた患者さんの声を元に自律神経失調症、更年期障害、めまい、耳鳴り、不眠、胃痛、ストレス、息苦しさ…etcなど、その症状になってしまった原因から症状、治り方、悪化の仕方、治療法、セルフケア、治ってからの生活などについて述べていきます。

あなたは自律神経失調症で病院にかかったことはありますか?

そもそも、自律神経失調症の原因が病院の検査でわからないのはなぜか分かっていますか?

それは、実は病気ではなく症状だからなんです。

 

現代の西洋医学では、自律神経のバランスを検査によって数値化することや、状態把握をすることができません。

また、病院は検査をすることで病気を発見して治療することが得意ですが、検査をしても異常がなかったり原因がわからない症状に関しては「自律神経が乱れていますね」「自律神経に原因があります」と診断され、結果として薬を処方され飲み続けることになってしまいます。

では、病院で改善しなかったあなたの自律神経失調症は本当は何が原因で、どうやって改善すれば良いのでしょうか?

それは首の歪みからくるコリ、そして頭蓋骨に原因があるんです。

なぜ首の歪みからくるコリが原因なのか?

あなたは疑問に思ったかもしれませんが、実は、頭と首の付け根付近にある脳幹の働きが症状の改善に重要となります。

脳幹とは自律神経やホルモン、血圧、呼吸、体温、睡眠など、様々な身体の機能に関係する部位です。
これらは人間が生きていく上で重要な役割を果たしています。そのため首のコリを解消して脳幹の解放が大切になってきます。

また、同時に脳脊髄液という、これまた重要な体液の流れを促すことで体はリラックスされ自律神経の乱れは治まっていきます。

このページではそんな自律神経失調症についての根本の原因や症状、どのようなことで改善するのかをお伝えしていきますので、ぜひ最後までお読みください。

《 自律神経失調症について 》

ストレスからくる自律神経失調症

自律神経失調症と聞いて、いまいちピンとこない方って多いんじゃないかな?と思います。

そこで、まず大阪市城東区のえのもと希幸整体 院長の目線から見た、このような症状は自律神経失調症の疑いがあるという判断の元、なぜ当院の施術が効果的に効くのかもご説明していきます。

自律神経失調症の症状

  • 今まではなかったが、急にめまいがしたり立ちくらみを起こすようになった
  • いつも仕事で限界まで頑張り過ぎて、ストレスで食事をしても吐いてしまう様になった
  • 小学生の子供が、体調不良をずっと訴えていて、病院で診断してもらったが、何度いろんな所で診てもらっても異常がないと言われる
  • あらゆるものに頑張り過ぎて、頭がパンパンになり言葉では言い表せない状態になっている
  • 急にカーッとなったり、息苦しくなったりと身体がおかしい
  • 疲れすぎて眠れない生活がずーっと続いている
  • 急に襲ってくる原因不明の不安な気持ちがあり、解放されたい
  • 原因不明の耳のトラブルによく見舞われる

など、上記に記述した症状は実際に来院された患者さんが訴えられていた症状です。

そんななか、自律神経系の問題の多くはストレスからくることが多いように感じます。

病院に行って診察を受けても「異常はないです」「ストレスですね」など、それ以上の診断や治療などはないため症状が改善されず悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

上記に記載した症状と類似した症状の方は一度当院までご相談ください。

自律神経失調症とは

ストレスからくる自律神経失調症

そもそも自律神経ってよく耳にすると思いますが、いったい何なのかご存じですか?

自律神経は交感神経副交感神経の二つに分かれます。

汗をかいたり心臓の動きだったり内臓の管理をしたりと自分では意識しても調整できない自動で動く神経です。

交感神経は活動する神経であり、副交感神経はリラックスする神経と認識してください。

そんな自律神経が乱れると自律神経失調症になります。

自律神経失調症になる根本原因

自律神経の症状は首のコリが原因と言いましたが、そもそもの自律神経が乱れて首のコリがでる原因は人それぞれ様々ですが存在します。そんな自律神経に乱れが生じる原因を上げていきます。

1、過剰なストレス

ストレスからくる自律神経失調症

大阪市城東区のえのもと希幸整体に来院される患者さんで最も原因として多くみられるのが過剰なストレスです。

腰痛や坐骨神経痛が一向に治らず、長期にわたり病院や治療院を転々とし
痛みのストレスと、もう一生治らないのでは。という恐怖から、自律神経バランスが乱れてしまうことがケースがあります。

その他にも職場環境にて過労からくるストレスや人間関係によるストレスが多く、他には家族に不幸があった、大切にしていたペットが亡くなったなどの影響があげられます。

なにか一つのストレスが掛かるということよりも、複数のストレスが起因となって徐々に自律神経に乱れが生じて気が付いた時には身体の状態が崩れていることが多くみられます。

2、生活リズムの乱れ

家庭環境や職場環境によっては一定したリズムで生活を送れない方もいらっしゃいます。

多くの理由は仕事が交代制のため夜勤があるために睡眠のリズムが崩れてしまったり、ストレスが溜まり過ぎて不眠状態に陥ったりして生活のリズムが崩れていきます。

一度崩れてしまった生活リズムを取り戻すのは大変であり、職場環境や家庭環境に何かしらの改善が必要になってきますが、その改善をすること自体できないことが多いのでなかなか生活のリズムが改善されないところに問題があります。

3、環境の変化

2つ目の生活のリズムの乱れに共通する部分でもありますが、春になり仕事や進学など家庭環境や職場環境に変化が出ると、その環境に慣れることができずに自律神経失調症として体調不良を訴える場面がでてきます。

環境が変化することで慣れない事をやったり人間関係が変わるためにストレスを抱えてしまいます。このようなことから自律神経に異常が生じてきます。

4、女性ホルモンの乱れ

自律神経失調症は特に女性に多くみられますが、その一つの原因に女性ホルモンの乱れがあります。

女性は男性とは違い、一生を通じてホルモンバランスに乱れが生じやすく、その都度体調に影響を及ぼすこともあります。

大脳の視床下部というところで自律神経をコントロールしていますが、その視床下部はホルモンに影響を受けることもあり、女性ホルモンのバランスに乱れが生じることで自律神経のバランスも乱れて不安定になってしまいます。

女性ホルモンとは卵胞ホルモンや黄体形成ホルモンがあり、脳の下垂体から刺激を受けるホルモンです。

当院で行なう頭蓋骨調整についてと自律神経失調症に効果的な理由

大阪市城東区のえのもと希幸整体では頸部の歪みの調整と頭蓋骨調整(とうがいこつちょうせい)にて脳脊髄液の循環を促し脳幹の解放を目指します。

脳脊髄液とは、頭蓋骨内を満たしておりその中を脳が浮いている状態になります。頭蓋骨内から脊柱管内を通って仙骨部分にまで循環する体液であり、呼吸などと連動して循環されます。

あまり聞き慣れない脳脊髄液ですが、この循環を促すことで神経をゆるめてリラックスさせる効果があったり、最近では脳脊髄液減少症と言われる脳脊髄液が漏れてしまう疾患もよく聞くようになってきましたが、その疾患にも効果が期待されます。

治療法としてはソフトタッチする無痛の治療です。

脳脊髄液を循環させてから一定の時間が過ぎると気持ち良くなってきてほとんどの方は「水の中に浮いている感覚」になりやすく、眠ってしまうかたが多いように感じます。

それだけリラックス効果が期待でき、普段から溜まったストレスから解放できる自律神経失調症の治療法になります。

また、首のコリは頸部の筋肉や骨格の歪みなど様々な角度から調整を行なっていきます。※決してバキバキしたり危険な施術は行ないませんのでご安心ください。

このような方は治療を受けられることをオススメします

ここまで、自律神経失調症についての症状や治療法などを記述してきましたが、特に治療を早急に受けた方が良い方もいらっしゃいます。

例えば、眠れない方、食事を取ってもすぐに吐いてしまうような状況になってしまっている方や、大切な身内に不幸があったり職場が変わったりなど、一気に家庭環境にも変化が起こって体調不良が続いている場合などです。

なぜ上記の様な症状の方が早く治療を受ける理由があるかというと、すぐそこまでパニック障害やうつ病や身体的疾患(有名どころで言うと円形脱毛症やメニエール病など)になってしまうことが多いからです。

早期に治療を受けることでそれら重い疾患を防ぐことができますのでお早めにご相談ください。

更新日:

Copyright© 【城東区の整体】えのもと希幸整体|脊柱管狭窄症 ・ 椎間板ヘルニア 専門院 , 2020 All Rights Reserved.